作成者 : master 作成日 : 2015.08.26

SilverStream Producerでは、録画した映像の不要な部分をカットすること(トリミング)ができますが、SilverStream Studioでもトリミングを行うことができます。手順は以下の通りとなります。

※SilverStream Studioでは、音声ファイルのトリミングはできませんのでご注意ください。

今回は、中間部分の映像をカットする場合を例に説明します。(映像は30秒、カット部分は5秒から8秒の間)

(手順1)

SilverStream Studioの資料の構成タブをクリック > 映像ファイルの部分をクリックして、表示された動画の下にある、ビデオエディタボタンをクリックします。別ウィンドウでビデオエディタが表示されます。

(手順2)

動画を再生させながら、5秒のところで再生を一時停止して、一番右側のクリップ分割ボタンをクリックします。クリックすると画面下に分割される前と後(0秒~5秒、5秒以降)の動画が表示されます。

(手順3)

2と同じ手順で8秒のところでクリップ分割ボタンをクリックすると、さらに分割されます。(0秒~5秒、5秒~8秒、8秒以降)

(手順4)

5秒から8秒の部分をクリックして、Onボタンを押します。押すと5秒から8秒の部分のみがOFFと表示されます。

(手順5)

画面一番右の適用ボタンをクリックします。

(手順6)

適用ボタンをクリックすると、画面真ん中にイベント削除の是非を問うメッセージが表示されますのでメッセージの指示に従って選択してください。(イベント=アニメーションや板書の実行、および画面切り替え)指示されたとおりに5秒~8秒の部分のみ動画がカットされます。

 

※注意事項

一度カットされた映像は復活させることができませんので、カットを行う前に、「ファイル>名前を付けて保存」でプロジェクトファイルで保存しておくことを推奨します。