作成者 : master 作成日 : 2015.08.26

SilverStream Studioでも、一色の背景で撮影されている動画が準備されていれば、レイアウト設定の中でクロマキー設定を行うことができます。(一色の背景の動画を撮影するコツについてはこちらを参照して下さい

 (手順1)

SilverStream Studio のレイアウト設定タブをクリックして、「クロマキー&切り取り」ボタンをクリックします。

 

 (手順2)

クロマキー設定画面が出てきたら、マウスで背景のどこかをクリックします。

 画面の右上の色が変わり、クロマキーが適用される基準色として指定されます。

 (手順3)

録画テストされた映像を再生させながら、画面右上の3種類のバーを左右に調整してクロマキーを設定します。うまく調節ができると、自分以外の領域が網目状に表示されるようになります。

自分の周りがすべて網目になっていることを確認したら、画面右下の適用をクリックして画面右上の閉じるをクリックしてクロマキー設定を完了します。

(適用をクリックしないとクロマキー設定が解除されてしまいますので注意して下さい)

 (手順4)

クロマキー設定が完了したら、クロマキー設定画面右上の閉じるをクリックし、録画設定ウィンドウも右上の閉じるボタンで閉じます。

 

(手順5)

録画設定ウィンドウを閉じたら、録画を行います。録画中はクロマキーが適用されていない状態で自分の映像が表示されます。

 (手順6)

録画が終了したら、画面上にある「プレビュー」ボタンを押しコンテンツを再生させてクロマキーが正しく設定されているかを確認してください。

  

クロマキー適用の範囲を指定したい場合

クロマキーがうまく抜けなかったりした場合、クロマキーが適用される範囲を指定することができます。画面右下のほうにある「切り取り」ボタンをクリックすると、動画の四隅に黒い枠が表示されます。

 黒い枠をマウスでドラッグして範囲指定をしたら、「切り取り完了」ボタンをクリックして、画面右下の適用を必ずクリックしてください。(適用をクリックしないと範囲指定が解除されてしまいます)

 ※画面の縦と横の比率を指定して範囲指定をすることもできます。 (下図は16:10で範囲指定をした図です)

 

クロマキーがどのように設定されたかを確認する場合

設定の状態はレイアウト設定画面ですぐに反映されます。画面上のプレビューを押さなくても確認できるので便利です。